atsui2015 のすべての投稿

FXはリスクを取るかリターンを取るかで取引の仕方が変わってきます

良くFXはリスクが大きいのか小さいのか、利益を出しやすいのか出しにくいのかが語られる事がありますが、それは一概に何とも言えない所があります。

FXはあくまでも投資である

fx9

そもそもFXは投資であり、ノーリスクではありません
下手に取引をすれば、元手がゼロになるリスクがあるのです。
ただ古くからある投資である株取引と比べだしたら、FXの方が比較的リスクが小さいと言えます。
株投資は投資した企業が倒産をすると、投資したお金がゼロになるリスクがありますが、FXの場合は通貨に投資をしますから、投資したお金がゼロになる事は先ず考えられません
ですからこの点では、リスクが小さいと言えます。
また為替は比較的値動きが穏やかですから、短期間で大損をするリスクが小さいのも特長です。
ですが値動きが小さくても、レバレッジを最大まで掛けた場合は、相対的に値動きが激しいのと同じだと言えますから、一概にリスクが小さいとも言えません。

重視するものによって取引が変わる

fx11

またFXではリスク重視かリターン重視かで取引の仕方が変わってきます
リスクを重視するなら、値動きの穏やかな流通量の多い通貨に投資をして、レバレッジをほとんど掛けない取引となるのです。
この様な取引をすると、大損する恐れは低いですが大儲けする可能性も低いと言え、短期間で大きな利益を狙う投資の目的から少し外れてしまうような気がします。
そうなるとリターンを重視する取引となり、値動きの荒い流通量の通貨に投資をして、レバレッジを最大に掛ける取引をする事になります。
しかしこの取引の仕方ですと、上手く行けば大きな儲けを得る可能性がありますが、下手をすれば大損をしてしまう恐れがあり、一概にこの取引を勧めるわけには行きません。

ベストな取引は自分に合ったものにすること

fx10

結局のところ、これがベストな取引の仕方と言うのはFXには無く、自分で実際に取引をしてみて、リスクとリターンのバランスが取れる取引を探すしかありません。
ですからFXは儲けやすいのかとか、リスクが小さいのかという事を論じるのは難しいと思います。
FXは所詮投資の一種であり、特別な投資ではないので、あまり期待をしない方が賢明です。

私のFX体験談について紹介します。

私は地方に移住しました。理由は大きく分けると2点あります。まず1点目は、地方に祖母が住んでいた家があるからです。亡くなった祖母の持ち家であったため、私が住むならば家賃が一切かかりません。もちろん両親からも了承を得ているため、そこに住んでいます。家賃がかからないだけで、自由に使えるお金が増えるため、生活が有意義になるのです。2点目は地震という災害の問題です。東京都に住んでいると、いつ大震災の被害に遭ってしまってもおかしくありません。関東大震災が起きてからかなりの月日が流れています。そして東京の周辺の地震活動や火山活動はこれまでにも増してどんどん活発になる一方です。もはやいつ大震災が起きても不思議ではない恐ろしい状況は嫌であったためという理由です。
けれども地方に移住したことによって、苦労したこともあります。それは仕事がないことです。ハローワークなどにも何回も繰り返して行ったのですが、とにかく求人が全くと言っていいほどありません。そのためFXでお金を稼ぐことにしました。FXはそういう所にメリットがあると思います。つまり仕事がない地方などでも、FXができれば生活していけるということです。FXというものは、地方に移住する流れを活性化させる大きな要因となり得るため、国の仕組みを良い方向に変える起爆剤になれる貴重な存在であると思います。何と言ってもパソコン一台とインターネット環境さえあれば、すぐに始めることができるビジネスです。朝の連続テレビ小説の「まれ」にても、主人公まれの弟が同じような仕事のスタイルで、能登半島という田舎であっても経済的に自立して生活していける形を確立していました。FXはそんなスタイルを更にシンプルにして、誰でも行いやすいようにされています。最後にまとめると、FXというものが都市部への一極集中型の非効率的社会から、地方活性化による理想的な国のあり方への進化にとてつもなく役立つのです。

FXで小遣いアップは難しかったです。やはり勉強が必要ですね。

FXで儲けているという主婦や芸能人の紹介番組をテレビで見て以来、気になっていたFX。
でもテレビのような何百万も運用するなんて資金もないので、うらやましいなあと思いつつ自分とは縁のないものと思っていました。

そんな時、とあるポイントサイトでFX会社の口座開設+運用でポイント還元がかなり良かったので口座だけでもと思い開設したのが1年前でした。
口座を持ってみると、邪な考えが湧いてきて今の小遣いをFXで増やせばいいじゃんと安易に考えて、すぐに1万円入金しました。

1万円でもレバレッジが10倍あるということで10万円の資金運用ができる、だからそこそこ儲けることも出来る。
というぐらいの認識で始めたのですが、それこには認識の間違いがあったのです。

それは、為替の動きの認識間違いでした。

資金100万だと取引額が1000万となり10円値上げが起きると100万円の利益。
このようなFX会社のHPにあったレバレッジの説明を見て、単純にまあ自分の資金が1万だから、1万円の利益かあ。
それでも、それをなんどか繰り返せば数万の利益なのね、というぐらいに思っていました。

ところが、為替はそんなに10円の値上げなんて起こるものではありません。
特にアベノミクスの初期ではなく停滞期だったこともあって、数か月経っても数円の値動きがあればいいほど。
テレビで見たデイトレーダの真似事で、その日に差額で利益を出そうと思ってみたのですが、1円変わることもめったになかったのです。
最初は、読み通りになって数百円の利益とか出たので、なんだ簡単だなあと思っていたのですが、為替は停滞期には少しずつ上げ下げを
繰り返すだけなので、数百円の利益が出たと思ったら、すぐに数百円の損になったり、それを繰り返すだけだったのです。

しかも例の黒田総裁やらの爆弾発言の時、その前に円は上がるだろうと思ってほとんどの資金を売りをしていました。
それはEUなどの経済状況が悪いと言われていたので、それならより安定している円の方が買われて円高になると思っていたのです。
ところがあの発言で一気に数円円安になり、私の資金は警告を受け、損切りとかで自動的に精算。
小遣いもほぼなくなってしまったのです。

そんな発言知らんよ!と思ったものですが、政治家など知っている人は知っていたのでしょう。
やはりFXをするには、それなりの資金としっかりとした勉強をする必要があるようです。
政治家のようにこれから為替がどうなっていくのかが明確にわかる立場でない以上、勉強してそのことがわかるようになるかでないと
FXで大儲けすることは難しいようです。
しっかりと情報を分析して地道に勉強していかないとだめですね。片手間では難しいのがFXなんですね。

でも、このままでは終わりませんよ。
今度FXで勝負するために、しばらくはFXの勉強をしながら資金をためていきたいと思っています。

FXのトレードで重要な2つのこと

FXを始める際、勘だけに頼って、売買を繰り返しても勝てるものではない。
最初、私がFXを始めた際、そのように感覚に頼ってFXをやっていたら、一瞬で5万円が闇へと消えた。そう、ほんの一瞬である。突然の嵐のような動きが相場を襲った。いや、今になって思えば、それは相場が活発なときのアクティブな動きなのだが、数秒単位での急激な動きにより、その一瞬で数万が飛んだ。そして、そのまま戻るかも、と放置し、数時間後には、5万が消えたのだ。

ここで私がやった失敗は2つ。
根拠の無いポジションの保有、そして、損切りをしなかったこと
である。

まず、重要事項一つ目。
「根拠のあるポジションの保有」とは自らのトレードルールを設けることを表している。
チャートがこうなったから、こう動くはずだ。というシナリオを自分なりにもつこと。そのパターンに当てはまるときだけトレードを行うことが大切だ。
そのパターン作りの為の分析は、人によって二つのタイプがある。一つは、ファンダメンタルズ分析。もう一つは、テクニカル分析である。
ファンダメンタルズ分析は、ニュースなどをチェックし、世界情勢がこう動いたから、きっと円は下がるだろう、などというふうな判断だ。
テクニカル分析は、世の中の動向ではなく、チャートを見ることで、このチャートの形ならば次はこう動く、とチャート分析による判断だ。
どちらをメインにするかは個々人の好みにもよるのだ。

もう一つの重要事項、「損切り」だが、実はこれが一番大事だ。
自分の思ったシナリオと異なる動きを相場が始めた場合。思ったのと逆方向へ動く訳だから、損失が出ているということだ。
そういうときはすぐに決済することが重要なのだ。実は、そいういう場合、しばらく待っていると、チャートがまた逆方向へと動き、損がなくなる場合がある。一度、そういうことを経験してしまうと、損が出ても、また戻るのでは?と期待してしまうのだ。そして、そのまま、どんどん損失を拡大させ、気が付けば、資金不足によってFXの世界から退場、という事になりうるのである。
この、損切りが出来ない、ということによって、ほとんどのFXトレーダーはこの世界から消えていく。それくらい、誰しもが陥る罠なのである。

日本と海外のFXの違いとカードの必要性

FXの会社は、日本国内の他にもあります。海外にもあるのですね。
そして日本と海外には色々な違いがあるのですが、その1つはカードです。基本的に向こうの国々で売買を行おうと考えているのであれば、やはりそれは必要だと思います。
そもそもこの投資商品で売買をするとなると、やはり会社の口座に対して入金をする必要があります。自分の資産を増やすのが目的の商品ですので、どうしてもその手続きは必要になってくるのですが、海外の場合はその際にカードが必要になる事が多いのです。厳密に申し上げれば、カードが無くても海外の会社に対して入金をする事は一応可能です。銀行が提供している送金というシステムを用いれば、一応会社にお金を送ることはできるのですが、ちょっと手数料が高めになっているのがネックですね。少なくともカードに比べれば、かなり高めになってきます。
またカードで入金をする方法の場合は、スピードも大きく異なってきます。上記の銀行での送金システムの場合は、状況によっては数日程度かかってしまう事も珍しくありません。人によっては、1週間程度かかってしまっている事例もあるようですね。一刻も早く売買を行いたいと思っている方にとっては、それはちょっと困るでしょう。しかしカードの場合は、基本的には即日向こうの会社に着金されます。スピードが圧倒的に異なりますので、やはり送金システムよりはカードの方が良いと思いますね。
ちなみに国内の会社の場合は、カードで送金をする事は極めて稀です。というのも国内の場合は銀行の送金システムがとても充実していますので、わざわざカードを用いる必要も無いのです。
しかも日本の送金システムは、とてもスピーディです。手数料なども無料で送金できますので、とても使いやすいと思います。真夜中でも国内業者に送金をする事ができるのも、とても便利だと思います。
このように日本と海外のFXの会社は、カードを使うかどうかの違いがある訳ですね。

FXはロスカットが上手く出来るまで苦戦しました

私は最近のFX人気に乗っかり、FX投資を始める事にしました。

私がFX投資を始めようと言うきっかけを与えてくれたのが、本屋で見つけた本だったのです。

その本には、FXで一財産作り上げたと言う事が書かれていました。

この本を読んだ事で、自分も一財産作ってみようという気が湧いたのです。

そこで私は大してFXに関する勉強もせずに、FX投資を始めたのです。

勉強なんかしなくても、習うより慣れろで、取引をしている内に何とかなると思ったのです。

しかし実際はそんなにFXは甘い物ではなく、思うように利益を出すことが出来なかったのです。

それどころか、どんどん損失がかさんで行ってしまい、一財産作るどころの話ではなくなって来てしまったのです。

私はこの時点でやっと、勉強不足の自分が愚かだったと言う事に気が付いたのです。

それから私はFXに関する知識を本やサイトで身に付け、再トライする事にしたのです。

FXに関する勉強をしたことで、自分の取引の何が間違っていたかが分かったのです。

私はこれまで含み損が発生しても、そのままにしてしまっていたのです。

含み損が発生しても、少し待てば為替が反転して、含み損がなくなってくれると楽観視していたのです。

しかし現実はそう思い通りになってはくれず、損失を拡大させてしまっていたのです。

この事に気付いた私は、今回からはロスカットを素早くするように取引を変えました。

含み損が発生したらそのままにせずに、直ぐにロスカットを実行したのです。

ロスカットは勇気のいる作業ですが、心を鬼にして実行しました。

逆に含み益が出来た時は、慌てることなくしばらく待つようにしました。

これまでは含み益が出来ると直ぐに利益確定してしまっていましたが、今度からは様子を見て待つ事にしたのです。

この様に取引の仕方を変えてからというもの、徐々に利益の方が大きくなって来てくれたのです。

まだまだ一財産と言うレベルには程遠いですが、これからもこの取引手法を用いて、利益をどんどん積み上げて行きたいと思っています。

FXの怖い一面を表現しているスイスのショック

最近スイスにて、とても大変な事が起きました。ある重大発表によって、スイスフランの価格が大きく変わったのです。それでFXのトレーダーの方々としても、ちょっと大きな影響を受けたようですね。

確かその重大発表が行われる前のスイスフランの価格は、110円台だったと記憶しています。それがわずか数分で160円台にまで上昇しているのは、やはり尋常ではなかったと思いますね。

それで、やはりトレーダーの方々は大きな損失が発生していたようです。数分で160円台にまで上がると、損切りも役に立つなかったようですね。普段であれば問題なくロスカットを発動してくれるFXのシステムも、あまりにも値動きが大きいので発動しなかったという事例がしばしば見られたようです。

特にその傾向が強かったのは、いわゆるスリッページが大きな業者です。指定した価格で売買ができれば良いのですが、業者によっては大きなスリップが発生して、指定した価格から大きく離れてしまう事があるのですね。それで損切りが上手く働かずに、ちょっと大変な事になってしまったトレーダーも多かったようです。

またFXの業者に対しても、非常に大きな影響がありました。ある有名な業者の場合は、ちょっと破綻をしてしまっていたようですね。まさかその業者が破綻をすると思ってはいなかったので、正直相当驚きました。

ちなみに別の業者の場合は、破綻はしなかったようです。しかしその業者の財務状況に対しては、少々大きな影響を及ぼしていたようです。

それを考えると、やはりFXという商品はとても怖い一面を持っていると思います。何と言ってもわずか数分で50円近く上がるのは、非常に恐ろしいですね。

ただし上記のスイスのショックは、滅多に発生しません。私はリーマンショックの時期からこの金融商品で売買を行っていますが、あそこまで大きな動きが発生した事は一度もありません。低い確率ではありますが、突然の大きな値動きが発生する可能性があるのは、やはり覚えておくべきだと考えます。

初めて始めるFXについて考えるべきこと

今や銀行にお金を預けていてもほとんど利益がない時代になってしまいました。この先もこうした事態が続くということが予想される中、資産を増やしたり、副業としてなにかできないか検討する人が増えてきています。その中で注目されているのが、株やFXであり、特にFXを始めてみようという人たちがいます。

為替の変動で大きく利益がでるか、それでもその逆になるのかをしっかりと読むことが大切になります。今日本は円安基調にあり、ドルは高くなっています。経済の専門家の大方の見解はこのままの流れではないかと見られていますが、それでも世界で突如として起こる災害や戦争、その他経済的な問題が起こると、その国の通貨が急に下がったり、逆に別の国の通貨が上がったりしますので世界の動きに大きく左右されます。基本的に、日本の通貨は信頼されていて、別の国でなにかの危機やその懸念が起こると、日本の通貨が買われやすく、円高になることが多いです。そうした流れをしっかりと掴むことが大切であり、毎日欠かさず為替相場のチェックをすることです。

FXをするにはこのための口座を作らなければなりませんが、こうした口座の開設はそれほど難しくはなく、審査が厳しいわけでもありません。クレジットカードのような安定した収入や仕事のことが問われることもあまりないのでほとんどの人が作ることができ、自営業やパート、おそらく無職の人であっても口座開設することができます。ですが資産がある程度ないと取り引きそのものができないのでその点は必要になってきます。

口座を開設するにあたり、どこの業者の口座を開設すべきかということに関してはかなり迷うと思いますのでまずはネットで徹底的に調べることです。比較サイトなどを参考にすることができますし、体験談なども見ることができます。どこの業者も一長一短ありますので、最終的には自分の判断で決めるということになります。

FXは身近で始めやすいものであり、最近では定年退職した人たちもこうしたものを利用しています。大儲けするメリット、そして大損するデメリットもあることを理解して、慎重にスタートすることができます。

FXトレードは複数の通貨をトレードするのが良い

FXトレードは基本的には単独の通貨だけをトレード対象とするのではなく、複数の通貨を同時にトレードするのがリスクヘッジにも効果があるのでオススメとなっています。

基本的に多くの方は米ドルやユーロなどのメジャー通貨のトレードをおこなっていますが、こういった通貨は今のところスワップポイントが低いものとなっているので、為替差益を狙ったトレードをするのが多いです。

そこに加えてスワップポイントの高いオーストラリアドルやニュージーランドドルなどを一緒にトレードするのもオススメになっています。

こういった高金利通貨はポジションを保有しているだけで毎日金利がもらえるので、多少の為替変動は補うことができるものとなっています。

こういった複数の通貨をいくつかにわけてトレードすることでリスクヘッジができますので、何かの通貨が損失を出しても他の通貨が利益を出す可能性もあるので、1つの通貨でトレードするよりも良いと思います。

メジャー通貨だけでもバランスが悪いですし、マイナー通貨だけだともっとバランスが悪いので、こういったものをうまく組み合わせてバランスよくトレードするのが効果的となっています。

今では多くの会社がメジャー通貨とマイナー通貨を扱っているものとなっています。

どの会社でも無料で口座を開けることができますし、キャッシュバックがある会社などもあるので、そういったものを積極的に利用するのがオススメのものとなっています。

メジャー通貨でオススメなのは米ドルやユーロなどになりますし、マイナー通貨でオススメのものとしては、南アフリカランドやトルコリラなどが現在では人気があり、状況の良い通貨となっています。

為替トレードは基本的には短期トレードよりも中長期トレード目線で行うのがオススメとなっています。

トレード手法としては、スイングトレードを利用するのが良いですし、デイトレードなどもリスクが少ないトレード方法として人気があるものとなっています。

レバレッジに規制が設けられました

 FXといえば、やはり、何億円も稼いだ人のことが話題になったりもしました。そして、そういった人たちは、たいてい、大きなレバレッジをかけて取引していたのでした。たとえば、レバレッジを100倍に設定していれば、10万円の自己資金で1000万円の取引をおこなうことも可能なのでした。こういったレバレッジという仕組みを利用して、大きく稼ぐ人も多かったのでした。

 しかし、その一方で、レバレッジを大きく設定していたために、とても大きな損失を出してしまった人も多かったのでした。そして、その損失が自分の資産を上回ってしまった人もいたのでした。そうなると、もう、お金を借りるしか残された道はないということになってしまいます。こういった話は、よくきかれるのでした。

 そんなことから、今では、レバレッジの規制というものが設けられています。レバレッジは、最大で25倍しかかけられないようになっています。これは、投資家の保護の観点からおこなわれるようになったといえます。

 一般的に、初心者の場合には、レバレッジは2倍か3倍から始めるといいといわれています。こうすれば、損失を出しても少なくてすむと考えられるのです。しかし、FXといえば、少ない資金で大きく稼げるというイメージが広まっています。そのために、欲が出てしまう場合も多いのです。その結果、初心者でも、レバレッジを最大にしてしまうことが多いのです。こういったことは、避けたほうがいいでしょう。

 レバレッジに規制が設けられたということは、レバレッジをかけることに危険が伴うということも意味しています。自分も大きく稼げるかもしれないという気持ちから、安易にレバレッジを大きくするのはやめたほうがいいでしょう。レバレッジを大きくすればするほど、リスクも大きくなるのです。こういったことも理解した上で取引をおこなったほうがいいのです。

 こういった意味では、ハイリスクハイリターンな取引だということを理解したほうがいいでしょう。