私のFX体験談について紹介します。

私は地方に移住しました。理由は大きく分けると2点あります。まず1点目は、地方に祖母が住んでいた家があるからです。亡くなった祖母の持ち家であったため、私が住むならば家賃が一切かかりません。もちろん両親からも了承を得ているため、そこに住んでいます。家賃がかからないだけで、自由に使えるお金が増えるため、生活が有意義になるのです。2点目は地震という災害の問題です。東京都に住んでいると、いつ大震災の被害に遭ってしまってもおかしくありません。関東大震災が起きてからかなりの月日が流れています。そして東京の周辺の地震活動や火山活動はこれまでにも増してどんどん活発になる一方です。もはやいつ大震災が起きても不思議ではない恐ろしい状況は嫌であったためという理由です。
けれども地方に移住したことによって、苦労したこともあります。それは仕事がないことです。ハローワークなどにも何回も繰り返して行ったのですが、とにかく求人が全くと言っていいほどありません。そのためFXでお金を稼ぐことにしました。FXはそういう所にメリットがあると思います。つまり仕事がない地方などでも、FXができれば生活していけるということです。FXというものは、地方に移住する流れを活性化させる大きな要因となり得るため、国の仕組みを良い方向に変える起爆剤になれる貴重な存在であると思います。何と言ってもパソコン一台とインターネット環境さえあれば、すぐに始めることができるビジネスです。朝の連続テレビ小説の「まれ」にても、主人公まれの弟が同じような仕事のスタイルで、能登半島という田舎であっても経済的に自立して生活していける形を確立していました。FXはそんなスタイルを更にシンプルにして、誰でも行いやすいようにされています。最後にまとめると、FXというものが都市部への一極集中型の非効率的社会から、地方活性化による理想的な国のあり方への進化にとてつもなく役立つのです。