一度に多くの情報を見るのが重視される事もあるFX

FXで短期での売買を行っている方々は、複数の情報を一度に見たいと思っている事があります。

この金融商品での売買をするためには、必ずと言って良いほど取引画面を見る事になります。業者の会員サイトにログインをしてその画面を開くのですが、その際に一気に多くの情報をコンパクトにまとめて見ようと思う事があるのです。

と言うのも取引画面というのは、複数の機能が別ページになっている事が多いのですね。ページAでは現在の資産状況が表示されて、ページBでは現在の外貨のレートが表示されて、ページCは現在の自分のポジションの状況が映っているとします。

このように複数の情報が別ページになっていますと、いちいちページの遷移が必要になってしまいます。例えば現在のページが、Bだとしましょう。それで自分のポジションがどのような状況になっているかを確認するためには、ページCを開かなければなりません。1つの画面にコンパクトに収まっているのではなく、あくまでも別ページになっているからです。

ページBからページCに移動する時には、ちょっと時間がかかってしまう事も多いですね。直ちに移動できれば良いですが、インターネットの回線によっては時間がかかってしまう事もあります。

まして短期で売買を行っている方々は、複数の情報を一度に見たいと思っている事が多いのですね。そうでないと売買のチャンスを逃してしまう事にもなりかねないからです。

このため最近のFXの業者は、なるべく1つのページに多くの情報が盛り込まれるよう工夫している雰囲気が感じられます。つまりAとBとCの情報を、1つのページにまとめるイメージですね。

以前はそのような事はありませんでした。しかし需要が多かったからなのか、最近では1つのページにまとまっている事も多いですね。

ちなみにFXのトレーダーの方々は、デュアルモニターを用いている事も多いです。1つのページにまとめるのが難しいならば、2つ以上のモニターで多くの情報を見ている事も多いようです。

このようにFXで売買を行っている方は、「一度に多くの情報を見たい」と考えている事が多い訳ですね。

「一度に多くの情報を見るのが重視される事もあるFX」への1件のフィードバック

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

Mr WordPress にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>