レバレッジに規制が設けられました

 FXといえば、やはり、何億円も稼いだ人のことが話題になったりもしました。そして、そういった人たちは、たいてい、大きなレバレッジをかけて取引していたのでした。たとえば、レバレッジを100倍に設定していれば、10万円の自己資金で1000万円の取引をおこなうことも可能なのでした。こういったレバレッジという仕組みを利用して、大きく稼ぐ人も多かったのでした。

 しかし、その一方で、レバレッジを大きく設定していたために、とても大きな損失を出してしまった人も多かったのでした。そして、その損失が自分の資産を上回ってしまった人もいたのでした。そうなると、もう、お金を借りるしか残された道はないということになってしまいます。こういった話は、よくきかれるのでした。

 そんなことから、今では、レバレッジの規制というものが設けられています。レバレッジは、最大で25倍しかかけられないようになっています。これは、投資家の保護の観点からおこなわれるようになったといえます。

 一般的に、初心者の場合には、レバレッジは2倍か3倍から始めるといいといわれています。こうすれば、損失を出しても少なくてすむと考えられるのです。しかし、FXといえば、少ない資金で大きく稼げるというイメージが広まっています。そのために、欲が出てしまう場合も多いのです。その結果、初心者でも、レバレッジを最大にしてしまうことが多いのです。こういったことは、避けたほうがいいでしょう。

 レバレッジに規制が設けられたということは、レバレッジをかけることに危険が伴うということも意味しています。自分も大きく稼げるかもしれないという気持ちから、安易にレバレッジを大きくするのはやめたほうがいいでしょう。レバレッジを大きくすればするほど、リスクも大きくなるのです。こういったことも理解した上で取引をおこなったほうがいいのです。

 こういった意味では、ハイリスクハイリターンな取引だということを理解したほうがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>