FXの審査で見られる年齢と高齢者のリスク理解度

商品によっては、年齢制限があります。コンビニでは、その事例をよく見かけますね。

例えばコンビニにて、煙草を購入するとします。その場合は、コンビニのレジのタッチパネルに触れなければなりません。20歳以上でないと煙草を購入できないというルールになっているため、購入時には年齢確認のボタンをタッチしなければならないのです。

FXにも年齢制限はあります。日本の場合、その年齢制限に関する制限はかなり厳格だと思いますね。19歳以下の場合は、ほぼ無条件に審査落ちになるからです。

ところで年齢には、上限もあります。人によっては、かなり高齢の方もいらっしゃいますね。そのような方も、FXの口座を作りたいと考えているケースがあるのです。では高齢の方の場合は年齢制限はどうなっているかというと、19歳以下の方々ほど厳しくは制限していないようです。

そもそも高齢者に対する制限は、各社によってルールがバラバラですね。70歳までなら口座を作れる業者もありますし、75歳までという所もあります。そうかと思えば、今ひとつ年齢が曖昧な業者もあるのですが。「19歳以下はお断り」などと、厳格に決めている訳ではないようです。

それよりもFXの業者が重視しているのは、むしろリスクに関する理解だそうです。 FXにはリスクがあるのですが、高齢の方の場合はそのリスクをきちんと理解しているかどうかが重視されるようです。少なくとも元本保証の商品ではありませんね。それがきちんと理解できていれば、高齢者でも審査に通るケースが多いそうです。

現にFXの口座を作っている方の中には、先物投資の経験者もいらっしゃいます。かなりリスクが高い投資商品なのですが、それを経験している方は高齢者でも審査に通るケースが多いようです。「先物を経験しているのであれば、リスクは分かっている」とFXの業者は判断しているようなのです。つまりFXの業者としては、顧客のリスク理解度を何より重視しているのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>